カテゴリ:森谷design/pegu works( 26 )

簡単にできる染めものの本を作りました

a0200902_11332021.jpg



ほぼ2年越しにてできあがった本の紹介をします。

「花・木の実・藍・野菜・葉っぱのかんたん染めもの」春田香歩 著 偕成社 刊

編集とデザインをペグハウスが担当。この11月に発売となりました。


とにかく簡単でわかりやすい。

楽しそうでとっつきやすい染めものの本にしよう!

ということで開始。

染めものの本というと、大人向けの

難しそうで、なかなかその世界に入りにくそうなものが多く、

資料を探すのも一苦労だったのです。


難しいことは置いといて、染めることが楽しくなればOKってことで、

その名の通り、かんたんな染めの本です。

サクラやクワの葉っぱ、ツツジやマリーゴールドの花、

ドングリやヤマモモなどの木の実、ナスやタマネギなどの野菜他

基本的に身近なものを使ってます。

藍の生葉を使ったかんたん染めや泥染めもありますよ。

こんにゃくや豆腐も染めてみたりして。


思い返せば、著者の春田さんの工房へ行って、染めもの体験をしたり、

色水実験や花あそびをしながら撮影したり、

汗だくのベリー摘み(食べるため)など関係ないこともしながら

あれよあれよと時間は過ぎていきましたねー。


楽しいのが一番という春田さんの感覚が形になればいいなあと思いつつ、

それこそ遊びながら作ってた感じ(?)。

だからといってチャラ~ンと作ってませんのでご心配なく。

わかりやすく、気軽に染めものができる本になったのじゃないかと思います。

この本さえあればもう大丈夫。

染めの世界へスルッと入れてしまいます。

子ども向けに作ってますが、大人だって十分使えますよ。

初めての方必見です。


ペグのおやつ本(30分でできる伝統おやつ「春」「夏」「秋」「冬」の4冊)と同じく、

基本図書館向けなので、お近くの図書館へぜひ入れてもらってご覧ください。

お手元に1冊あっても損はしません。

アマゾンなどでも買えますのでよろしく~


a0200902_17164333.jpg
a0200902_11291512.jpg



[PR]
by peguhouse | 2018-12-11 11:34 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

「アートで魅せる旧約聖書物語」作ったんだったー

昨年2017年の秋に作った本で、紹介したかったのを

そのままにして1年過ぎてしまいました〜

あらためてサクッと紹介します。


本タイトルは「アートで魅せる旧約聖書物語」。

その名の通り全編2~3行の文章にイラストが添えられて

とてもわかりやすくなっている4cmほどの厚さの聖書です。

元はフランスで作られた輸入本です。


A4版をB5版に縮小して、ちょっと手に取りやすくなりました。

基本的に原本に近い形を目指したので、

表紙の日本語デザイン、章扉、目次など本文以外をきれいにまとめ

本文を読みやすく全体に合った文字でみせる

フォーマット作りというのが今回の私の仕事です。

4cmの厚みを全部手がけたわけではないので、

達成感みたいのはそんなに感じられないのですが、

まさか聖書を手をかす(?)とは思ってなかったので、

静かに感慨深いものがあります。


そんなことより、なんといってもすごいのはイラストです。

聖書を細かくイラストで見せてしまうって

単純に量だけ考えてもクラクラしそうですが、

ペラペラめくって見てるだけで本当に膨大なイラスト。

イラストを描いたのは、「まってる。」「いのちのかぞえかた」「ボクの穴、彼の穴。」

などでお馴染みのセルジュ・ブロック氏。

描き終えた時は両手あげて「ヤッター!」バンザーイか、

グッタリと「やった、、」へろへろ~か?


どちらにしても、サラサラっと描いたお洒落なラインのイラストで、

これなら読めちゃうかもと思わせてくれる聖書です。

聖書、読んでみませんか?

千倉書房より販売中。


私も少しずつ読んでみようと思って早1年。

まだ先が長~いのであります。


a0200902_16510884.jpg
a0200902_16513866.jpg
a0200902_16520268.jpg
a0200902_16521520.jpg
表紙は分かりにくけど、贅沢にも金と蛍光オレンジを使用。

こんな感じで展開してます。読んでみたいと思うでしょ?



[PR]
by peguhouse | 2018-11-19 17:27 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

ちょっとせつない絵本できました

a0200902_17221194.jpg


長い間幸せに暮らしてきたカンガルーの夫婦の日常が、
少しずつ変化していきます。妻の記憶が失われていくのでした。
ふたりの思い出を文字に残すことにした夫。
妻への永遠の愛を綴った絵本です。

現実、同じような状況下にいらっしゃる方たちは
大変な思いをしている中で、こんな絵本を読んでる場合ではないかもしれません。
ただ、さだまさしさんの翻訳がとても温かく沁みてきます。
読んで欲しいなあ
さださんてスッゴイなーとあらためて感動。

原作はブリュッセル生まれのジュヌヴィエーヴ・カスターマンさんの「Au revoir Adélaïde」。
もし身じかな人がアデレイドと同じ状況になった時、自分はどうするだろう? 
不安を覚える人はいっぱいいると思います。
そんな人たちに読んでもらいたいと思って作りました。
もちろん、不安から遠いような人たちにも温かな気持ちになってもらえると思います。

原本は正方形の大きい絵本ですが、
さださんの「とても温かでとてもせつないきみの絵本」というタイトルから、
絵本自体を大切にした装丁にしました。

2016年4月21日千倉書房より発行。
編集とブックデザインをペグハウスがやらせていただきました。
よろしければお手に取ってご覧ください。
一家に一冊。こんな絵本もいかがでしょうか〜。
[PR]
by peguhouse | 2016-04-14 23:02 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

サウンドトラック「気づかいルーシー」

a0200902_17175746.jpg

a0200902_17182826.jpg


待っていた「気づかいルーシー」のサウンドトラックCDを、
ここのところ毎日、舞台を思い出しながら聴いています。

田中馨さんの作り出す曲は、一筋縄ではいかないむずかしい流れと音程で、
音感のない私はまったくハモレなくて悔しいのですが、
聴くたびにだんだん体にしみ込んでくる感じで、
なんとも不思議にハマってしまってます。
そして、森ゆにさんのスバラシク美しい声!
心地よいったらありません!

さて、そのCDをペグでも販売いたします。
舞台を観てなくとも、楽しめるはず。
きっとハマりますよ。ぜひともお求めください。
この売り上げは、PPPの支援金として使わせてもらうつもりです。
もちろん、田中さんにも了承を得ております。
みなさん、ご連絡くださいませ。

おかげさまで「気づかいルーシー」東京公演は大好評で千秋楽を迎え、
地方公演も残すところあと少し。
なんだか終わってしまうのがわたしですら寂しい気分ですから、
出演者のみなさんはもっとだろうなあと思いながら
今回、この仕事に関われてほんとにうれしいと思うのでした。
みんなでいいものを作ろうとするパワーってやっぱりすごいです。
真剣に、楽しんで。
みんなが同じ方向を向いて作らないと
いいものはできないんだなと、あらためて感じます。

本作りも同じなんですよねー。
今までも、そういう気持でやってきたつもりですが、
たまに驚くようなコト言われたり起こったりすると、つい反発心がムクッとなったりね。
ちっちゃいねー

よし、真剣に、楽しんで、がんばろー!

マジ マジじゃなくちゃ
マジ できないことよ
マジ マジでマジで 
マジ マジでマジで
(気づかいルーシー サウンドトラック「真剣と書いてマジ」より)
[PR]
by peguhouse | 2015-09-18 17:47 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

刀根里衣 待望の新刊絵本できました

a0200902_1742885.jpg

a0200902_17425413.jpg


スペインの出版社より刊行された
「ぴっぽのたび」の翻訳本で日本初デビュー、
ミラノ在住の絵本作家、刀根里衣さんの新刊絵本
「ぼくのともだち」が9月1日発売されました。

「ぴっぽのたび」のとてもきれいなやさしい色に惹かれ、
原画を観たいなあと思っていた作家さんです。
柔らかくて深みのある絵です。
ボローニャのブックフェアで原画を観てきた編集の方が、
「すばらしくきれい!」と感激されてました。

その刀根さんの新しい翻訳本のブックデザインを
やらせてもらいました。うれしいです。

うさぎのやさしい気持にキュッときて、胸の奥が熱くなり
そして、あたたかな気持に包まれる。そんな絵本です。
もちろん絵がとてもきれい。
「ぼくのともだち」ぜひご覧下さい。
[PR]
by peguhouse | 2015-09-06 17:46 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

ぴよちゃん知育えほん Part 2

a0200902_1214023.jpg

a0200902_120629.jpg



「ぴよちゃんの知育えほん」シリーズの第2弾ができてました。
すでに7月に発売されておりましたが、この夏はいろんな事がありまして、
あれよあれよと気がつけば9月に突入してるじゃないですか。

版元の担当編集の人もわけわからなく忙しかったそうで、
献本するのを失念してたらしく(こちらもすっかり忘れてた)、
発売後ずいぶん経ってから送られてきたのですが、
なんと1週間後、再び献本分として送られてきたではないですか。
献本したのも失念しちゃうくらい忙しいって、だいじょぶかな?

さて、「いろ」「かたち」に続いて、きれいな特色グリーンとオレンジのバックです。
スキャンするときれいな色じゃないのが残念ですが、
でも4冊並ぶとかわいいでっす。やっぱ特色使えるってうれしいなあ。
次は何色にしようか楽しみでっす(次あるかな?)。
[PR]
by peguhouse | 2015-09-04 12:06 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

ルーシーいよいよ

a0200902_0455561.jpg

B2ポスターです


「気づかいルーシー」音楽劇がこの夏開催されますが、
本チラシができ、本日ポスターもできてまいりました!
ノゾエ征爾さんの脚本もできて、稽古に入ってることでしょう(わかりませんが)。
今回、役者さんたちを使うポスター、チラシを初めてやらせてもらったのですが、
なにが大変って、撮影のスケジュール調整なんですねー。
みなさん時間差で、でもなんとか1日でできたのでよかったです。
広告(シアターガイド用)には、みなさん揃って撮った感じにしてますが、各自別撮りです。
只今役に変身中という感じで、けっこううまいこといったと思ってますが。

なんだか、やってることすべてがギリギリのとこで動いてる感じで
それもスゴイなーと感心しちゃったりして。
まあとにかく、ルーシーはきっと面白い舞台になるのじゃないかと思います。
で、面白そうと思ってもらえるポスター、チラシになってたらいいなと。
そこが気になるところです。


[PR]
by peguhouse | 2015-06-13 01:05 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

新生ぴよちゃん、学びの場に登場

a0200902_1630204.jpg

a0200902_16303914.jpg


ぴよちゃんが線画になり、もっと小さい子たちのために活躍しようってことで、
遊びながら学べる絵本ができました。

まずは「いろ」と「かたち」から。
コンパクトサイズで表紙はきれいな特色カラー。
ぴよちゃんがグッとかわいく見えるように展開します。
[PR]
by peguhouse | 2015-02-18 16:32 | 森谷design/pegu works | Comments(1)

ベルク文庫本出来!

a0200902_19561772.jpg
a0200902_19564269.jpg


ベルク店長初の書き下ろし「新宿駅最後の小さなお店ベルク」が上梓されてから早6年。
本日12月12日文庫本となって発売されました!

あたり前のことをあたり前にやってるベルクの姿が丸々書かれてあるのですが、
驚き!って人がいっぱいかもしれません。おもしろいです。
上製本はビジネス書(?)としてトップの方の売り上げですが、
手軽に買い求め持ち歩きも楽な文庫本となって、
ますます多くの方に読んでもらえたらと思います。

その後のベルクのことなど、あらたに手が加えられ、
柄谷行人さん、奈良美智さんのお言葉に
吉田戦車さんの漫画&コメントも入って、さらにお得!? 

ちなみに、ベルク店長と副店長よりカバーデザインのご依頼を受け、
もりやがやらせていただきました。うれしい〜

ただいま新宿紀伊國屋書店でお買い上げの方は、
1冊に1枚ベルクのコーヒーチケットが付いてきます。
是非みなさまお買い上げください〜
[PR]
by peguhouse | 2014-12-12 20:05 | 森谷design/pegu works | Comments(0)

実用書のブックデザイン

ここのところ絵本が中心になってましたが、
実用書などもいろいろやってまいりました。
小さく掲載をとの声がありましたので、ちょっと古いものになりますが、
せっかくなので紹介させてもらうことにしました。

まずは料理本をいくつか。

a0200902_1654943.jpg

「お塩ひとつでシェフの味!」井野好子著、PHP研究所刊
いろいろなお塩とその塩に合った料理のレシピをイラストで紹介してます。
外回りと本文全部のブックデザインです。
この仕事をした頃は、けっこう塩を使い分けてたけど、
今では大まかに2~3種類くらいか。


a0200902_16543676.jpg

「フルーツいっぱい!果実酒&ジャムの本」村井りんご著、成美堂出版刊
こちらは全部写真撮影で、季節ごとに紹介。
これも丸ごと全部のブックデザインで、各ページの見せ方も前もってほぼ考えての撮影です。
そういえば各季節の頭の写真はロケ撮影で、秋の項で、
野原に葡萄を入れた籠を置いて撮ってたそこへ、トンボがスーっと飛んで来て
いい具合に籠に止まってくれたのでした。秋だねーの画にロケ隊よろこぶの図が懐かしい。


a0200902_1656494.jpg

「体にいい和食」村井りんご著、成美堂出版刊
ポケットサイズの料理本。こちらも1冊全部のブックデザイン。
これは全部室内撮影でしたが、撮影済みの料理を、
お昼休憩などに味見できるのが料理本の楽しみでもあって。
村井先生の和食はどれもやさしくて旨かった。
ちなみに中のコラムなどのイラストは、中山が描いてます。


a0200902_16565383.jpg

「おいしいパンの事典」成美堂出版刊
これはカバーだけをリニューアルってことで、中身はやってないのですが、
そんなお仕事もけっこうあります。
「リキュールとカクテルの事典」「洋食器の事典」
「おいしいソース人気のたれドレッシング」なども同じに
カバーデザインだけでした。


アンパンマンのお料理本も2冊作りましたね。
こちらは構成と編集からペグでやらせてもらって、
料理、監修を先生にお願いしたものです。
もちろんブックデザインはもりやが担当してます。

a0200902_16571653.jpg

「ジャムおじさんのそれいけ!クッキング」城戸崎愛 監修/料理、フレーベル館刊
レシピの間にちょとしたお話入れて、それはそれで楽しいんだけど、
今見てるとやり過ぎだよな~なんて思ったりする。


a0200902_16573226.jpg

「アンパンマンと作ろう おやつでパーティ」葛西麗子 監修/料理、フレーベル館刊
おやつ作ってパーティーだーってことで、にぎにぎパーティ、ぐちゃぐちゃパーティ、、、
それぞれのキャラを生かして遊ぶっていうので、確かに遊びながら作った気もする。
楽しいことしか覚えてない。

料理本はやっぱ楽しい。そして大変。だけど好き。またやりたい。
[PR]
by peguhouse | 2014-10-14 17:25 | 森谷design/pegu works | Comments(0)


   ペグハウスの    お知らせ&作品、illustrationの紹介


by peguhouse

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
プロフィール&連絡先
お知らせ
ペグごはん
季節
おいしい
日々
おすすめ
森谷design/pegu works
中山 illust(子供向け)
中山 illust(保育)
中山 illust(料理関係)
中山 illust(実技書 他)
中山 illust(オリジナル)
伝統おやつ研究クラブ

スペイントコトコあるき
スペイン情報サイト内にて、ペグの非効率なスペイン歩きを掲載中。

このブログの写真・イラストの無断転載はお断りします。



以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のトラックバック

検索

タグ

最新の記事

簡単にできる染めものの本を作..
at 2018-12-11 11:34
「アートで魅せる旧約聖書物語..
at 2018-11-19 17:27
PPP at ゆうやけ市 2..
at 2018-11-13 17:49
2018年、PPP支援金を送..
at 2018-01-26 13:14
2018年猫カレンダーも開け..
at 2018-01-10 16:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧