ちょっとせつない絵本できました

a0200902_17221194.jpg


長い間幸せに暮らしてきたカンガルーの夫婦の日常が、
少しずつ変化していきます。妻の記憶が失われていくのでした。
ふたりの思い出を文字に残すことにした夫。
妻への永遠の愛を綴った絵本です。

現実、同じような状況下にいらっしゃる方たちは
大変な思いをしている中で、こんな絵本を読んでる場合ではないかもしれません。
ただ、さだまさしさんの翻訳がとても温かく沁みてきます。
読んで欲しいなあ
さださんてスッゴイなーとあらためて感動。

原作はブリュッセル生まれのジュヌヴィエーヴ・カスターマンさんの「Au revoir Adélaïde」。
もし身じかな人がアデレイドと同じ状況になった時、自分はどうするだろう? 
不安を覚える人はいっぱいいると思います。
そんな人たちに読んでもらいたいと思って作りました。
もちろん、不安から遠いような人たちにも温かな気持ちになってもらえると思います。

原本は正方形の大きい絵本ですが、
さださんの「とても温かでとてもせつないきみの絵本」というタイトルから、
絵本自体を大切にした装丁にしました。

2016年4月21日千倉書房より発行。
編集とブックデザインをペグハウスがやらせていただきました。
よろしければお手に取ってご覧ください。
一家に一冊。こんな絵本もいかがでしょうか〜。
[PR]
by peguhouse | 2016-04-14 23:02 | 森谷 装丁/design works | Comments(0)


   ペグハウスの    お知らせ&作品、illustrationの紹介


by peguhouse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール&連絡先
お知らせ
ペグごはん
季節
おいしい
日々
おすすめ
森谷 装丁/design works
中山 illust(子供向け)
中山 illust(保育)
中山 illust(料理関係)
中山 illust(実技書 他)
中山 illust(オリジナル)
伝統おやつ研究クラブ

スペイントコトコあるき
スペイン情報サイト内にて、ペグの非効率なスペイン歩きを掲載中。

このブログの写真・イラストの無断転載はお断りします。



以前の記事

2018年 01月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

最新のトラックバック

検索

タグ

最新の記事

2018年猫カレンダーも開け..
at 2018-01-10 16:37
PPP作戦いろいろのご報告
at 2017-08-18 17:50
ルーシー開演、梅仕事と夏の収穫。
at 2017-07-27 19:52
気づかいルーシー チケット発..
at 2017-05-19 19:52
こんな夜もある。
at 2017-04-19 18:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧